高二総進 きらり★先輩 ~夢をつかむまでの軌跡~講演会

[2018/02/19] 

高二総合進学コースは、2月8日(木)LHRに同じ総合進学コースで志望先が決まった3年生の先輩8名のお話を聞きました。
“検定試験の勉強を学校の勉強と同時に行うことで、復習にもなる。
大学の先生とお話をすることで、面接に役立った。小論文は過去問を解いて先生に添削してもらう。
古典は助動詞の意味を全て覚える。
英語は英単語を最低600語は覚えるとだんだん英文が読めるようになる。
ルーズリーフなどに青いペンでひたすら書いて覚える。”
など、もうすぐ三年生になる二年生にとって、身近な先輩の勉強方法や注意すべき点の具体的なアドバイスは大変参考になったようです。


以下、講演会を聴いた生徒たちの感想を紹介致します。

“妥協せずチャレンジすることも大切だ”という言葉がとても心に響きました。
先輩方のお話を聞いて、あと一年後悔しないように頑張りたいと思いました。
(高二1組Sさん)    
 
日頃の生活態度を見直して行動する、定期テストを頑張って評定を上げる。
苦手な所にチェックをつけて何回も何回も解くようにして出来るようにすることが大切だと分かった。
(高二1組Kさん)

今からでも遅くないから、先輩方のお話を参考にして頑張ろうと思う。
“努力をする”“続ける”
(高二1組Kさん)
 
大切なこととして、コミュニケーション力をつける。大学のレベルを簡単に下げない。
校内推薦制度を目指すには全般的に努力するなど、経験した先輩の貴重なお話を聞くことができました。
(高二2組Sさん)
 
今年はいよいよ受験生になるので今日の先輩方の話は、とても参考になりました。
3年生になって勉強するのは当たり前のことだから、次ある学年末テストに向けて勉強をして評定を上げたいと思いました。
後悔しないように周りに流されずに進路を決定し、それに向けて早めに受験勉強に取り組んでいくことが大切だと感じました。
より頑張ろうという気持ちが強まりました。
(高二3組Hさん)
 
オープンキャンパスに何度も行くことは、パンフレットやネットで見るよりも情報が多い。
ボランティア活動では、普段学べないものを学べるので、どんどん参加したいと思いました。
3年生の方のほとんどが進路を早く決めて夏休みから勉強すればよかったと後悔されているので私は早くから勉強を始めようと思いました。
(高二3組Mさん)
  
先輩のプレゼンの仕方も素晴らしいと思いました。
古城こころさんはとても聞きやすいスピードとトーンで話して下さっていたので、最初から前のめりになるくらい「聞きたい!!」って思える話し方でした。
私は将来人前で話す機会が増えると思いますが、今回の講演会では先輩の話し方も参考になりました。
ありがとうございました。
(高二4組Aさん)
 
日々の生活態度は面接試験の時に出る!
校則は自分のためにある!
夏休みの二か月間はどの先輩方も大切だと言っていたので、今年の夏は頑張りたい。
「将来を大きく左右する1年間 一生懸命頑張ろう」
(高二4組Mさん)
高二総進 きらり★先輩 ~夢をつかむまでの軌跡~講演会

オープンスクール申し込みフォーム

学校案内DVD

お問い合わせ

ブログ

各種証明書の申し込み

保護者の方へ

卒業生の方へ

教職員募集



ページの先頭へ戻る