学校沿革

明治37年4月 白阪栄彦ほか21名の発起人により質実有用の女子を教育する
趣旨のもとに私立岡山実科女学校を設立
明治44年10月 就実高等女学校と改称
昭和17年6月 岡山県就実就実高等女学校と改称
昭和22年3月 岡山県就実中学校設置
昭和23年4月 学制改革により岡山県就実高等学校と改称
昭和28年4月 岡山就実短期大学開学
昭和44年4月 高校教育の多様化に備え、コース制を採用
昭和54年4月 就実女子大学開学
昭和56年4月 就実高等学校・就実中学校と改称
平成11年4月 就実女子大学大学院開設
平成15年4月 就実大学と改称
平成15年4月 就実大学人文学部に名称変更
平成15年4月 就実大学、薬学部新設
平成16年10月 創立百周年記念式典
平成17年4月 就実中学校コース制を採用
平成18年4月 就実高校コース制を改革
平成19年3月 新校舎完成(3号館)
平成21年4月 就実中学・高校 男女共学化(特別進学コース)
平成24年4月 高校 特別進学チャレンジコース新設

学校説明会申し込みフォーム

学校案内DVD

お問い合わせ

ブログ

各種証明書の申し込み

保護者の方へ

卒業生の方へ

教職員募集

ページの先頭へ戻る