CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER

夏の熱い闘いを終えて
 ソフトテニス部黒田さんの宣誓で開催された中国インターハイ、そして中学全国大会など生徒たちの熱い夏の闘いが終わりました。
 本校の生徒たちは高校、中学共に全国大会という晴れ舞台で、大きな成果を上げてくれました。私も山口、広島、鳥取と応援に行きましたが、感心したのは、生徒たちがどんなに苦しい場面でも笑顔で仲間と励まし合って頑張り抜く姿です。そして試合に出ている選手だけでなく控えの選手達も声をからして仲間のために必死で応援する姿に胸に迫る感動を覚えました。
 また、選手だけでなく、大会役員やボランティアで大会を支援して下さった方々をはじめ、いろんな会場で本校の生徒が就実マインドを発揮し、笑顔で対応している姿が印象的でした。人は仲間や誰かのために頑張ろうと思った瞬間、自分の中から大きな力が引き出されると言いますが、まさにそんな場面を何度も見ました。そしてその人達のさわやかな美しさは言葉で表すことができません。

 さてもう一人、リオで熱い戦いをした人がいます。バレーの石井優希選手です。8月26日、みなさんに、「応援ありがとう」を伝えたくて、来校してくれました。
 彼女にオリンピックはどうでしたか?と聞くと、「オリンピックはアスリートがもっとも輝ける舞台だと改めてオリンピックのすばらしさを感じました。」と答えてくれました。試合の感想を聞くと、最初は堅くなっていたが、アメリカ戦の前に監督に呼ばれお前が足をひっぱていると言われ、「ナニクソ」と、スイッチが入り、初めて何も恐れず思い切って自分を出すことができた」と語ってくれました。(さすが就実の卒業生、根性があります。)
 今後の課題は?と聞くと、「メンタル面が世界レベルに達していないので東京オリンピックまでには強化して、オリンピックで戦える選手になりたい」と言って帰って行きました。
 失敗や経験から多くを学び、成長し続けている石井選手は心はすでに東京オリンピックに向かってスタートしていました。夢や志が彼女をどこまで進化させるか楽しみです。 

| 日記 | 05:38 PM | comments (x) | trackback (x) |
1学期終業式挨拶
今日で1学期の終了です。
4月7日の始業式で私はみなさんに遺伝子の話をしました。我々の遺伝子情報は皆同じであるが、遺伝子のスイッチをONにするかOFFにするかで能力に差がつくのだという、お話しをしました。
そして普段は眠っている遺伝子にスイッチをいれる方法を3つ紹介しましたが、覚えていますか?

一つは、 志を持つこと。
二つ目は、感謝して生きると言うこと。
三つ目は、プラス発想をすると言うことでした。
「できない」ではなく、「できる」。「困った」ではなく「ピンチはチャンス」。と考えることです。

1学期を振り返って、みなさんは自らの遺伝子にスイッチを入れることができたでしょうか。最初は頑張ろうと思っても、思い通りに行かないとすぐに「無理」とか「できない」と諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。
皆さんにぜひ知っておいて欲しいのは、この「無理」とか「できない」というネガテイブな言葉は、みなさんの脳をハイジャッックし、あなた方のやる気を奪い能力を発揮させないようにしていると言うことです。
皆さんの脳には膨大な潜在能力が秘められていますが、ネガテイブな性能の悪い乗り物に乗るとその能力は引き出すことは難しいのです。
逆に「できる。必ずできる」と、ポジテイブな情報を与えることによって脳はダイナッミックに進化することが今では解明されています。
脳は生まれつきのものではなく、環境や前向きに生きようとするあなた方の「強い意志」から後天的に進化していくことをどうか忘れないで下さい。
我々の体は60兆個の細胞から創られています。まさに私という人間は細胞の集団です。この一つひとつの細胞は、あなたのリーダーシップのとりかたによって良くも悪くもなるのです。

今年、リオオリンピックに出場するバレーの石井優希選手は本校の卒業生です。本校では3人目のオリンピック出場となります。
一人目はフルマラソンでアトランタオリンピックとバルセロナオリンピックの2大会でメダリストとなった有森裕子さん、二人目はメダルはとれませんでしたがシドニーオリンピックに出場した卓球の内藤和子さんです。
3人とも特に能力が突出していたわけではありませんが、自分を少しでもよくしてやりたいと、何度も挫折を繰り返しながらも、「自分自身を決して諦めない気持ち」を持ち続けていたという共通点があります。

みなさん、過去を変える事はできませんが、未来はどのようにでも変える事ができます。どうか、自分の可能性を信じ、強い信念を持ってリーダーシップを発揮し、この夏休み期間中もあなた自身を進化させ、まだ出会っていない未知の自分を発見して欲しいと願います。


| 日記 | 06:33 PM | comments (x) | trackback (x) |
カナダ研修に出発
21名の生徒たちが7月13日~7月30日迄のカナダ研修に出発しました。
このような物騒なご時勢に海外に送り出すのは勇気のいることですが、今後の社会を考えますと、いろんな意味で、若い時に異文化に触れ、新しい発見や新しい気づきを体験し、国際感覚を身につけることは大きな意味があると思います。
カナダは比較的治安が良いところで、英語のアクセントも標準的で一番通じやすい英語と言われています。また、アジア系の移民も多く、英語が苦手な人に対しても寛容で親切と言われています。
生徒たちには、いつも自ら何ができるかを考え、言葉が十分伝わらなくても、ボデイランゲージやスマイルだけでも積極的にコミュニケーションを取ってほしいこと。そして自ら挨拶や、「ありがとう」が言えたり、積極的にお手伝いができると、さらに価値ある研修になるとお願いをしました。世界はどんどん近くなっています。グローバリゼーションの精神で自国の魅力を発信すると共に他国のすばらしいところをたくさん吸収して帰ってほしいと願います。




| 日記 | 01:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
1号館建て替え
 6月末、生徒たちは、新しく建設された仮設校舎への最後の引っ越しを終えました。
7月、1号館の解体が始まりました。解体前は多くの卒業生が県内外から訪れ、思い出の校舎に別れを告げていました。中には感謝の気持ちを「たくさんの思い出をありがとう!」、 「私を育ててくれてありがとう!」
と、壁に書いて帰った卒業生もおります。
 南校舎は昭和33年に建築され、その後2年おきに北校舎、西校舎、東校舎と次々と建築されたものです。58年間、どれほど多くの生徒がここで学び卒業していったことでしょう。生徒たちの思い出が詰まった校舎の解体は我が身が削られる思いが致します。
 引っ越しのため荷物を整理をしておりましたら古い物が多く出て参りました。生徒たちにも知っておいてもらいたいと、展示をしました。古い物では100年以上も前の物もあります。改めて就実の113年の歴史の重みや、先人達の学校教育への熱い思いを感じました。
 そして、思い出に浸る卒業生達の姿を見ながら、校舎は変わっても卒業生たちが母校を思い出せば、いつも笑顔と元気がわいてくる。そんな学校で有り続けたいと思いました。

  <完成予想図>


| 日記 | 09:39 AM | comments (x) | trackback (x) |
中学生 合格招集日
 気温零下の中、本校の難関を突破し、見事合格された103名の方が出席されました。
 「中学受験に挑戦」という大きな試練を乗り越え、ひとまわり大きくなった受験生たちが輝やいて見えます。近くで支え、応援し続けた保護者の皆様もお慶びのことと思います。
 校長挨拶で生徒たちに、「中学校は何をするところだと思いますか?」と問いかけると、目をキラキラさせながら一緒に考えてくれます。私の目の前にいる生徒たちは、無限の可能性を秘めたまさに「宝石の原石」です。そしてこれからの日本、世界を支える大切な人達なのです。
 学校は、生徒たちの「未来を創る場所」です。生徒たちが自分さえも気付いていない多くの能力に気づき、大切な「命」を輝かせることのできる力を育てる場所なのです。
 そして先生たちは「最強の応援団」になれるよう、毎日頑張っています。安心して入学してきて下さい。というお話をしました。

| 日記 | 05:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑