CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
LOGIN
USER ID:
PASSWORD:
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER

体育祭
 二日間にわたり中学、高校の体育祭が開催されました。体育祭は競技を競う場ですが、もう一つ、各クラスのチーム力を発揮する場でもあります。チーム力というのはそれぞれの違いを受け入れ、一人ひとりの個性を引き出すことによって大きな力を発揮することです。生徒達は令和元年という記念すべき体育祭で中学14クラス、高校51クラスそれぞれが工夫を凝らし、一丸となって戦う姿に胸が熱くなりました。
  一人の力には限度がありますがみんなでチームワーク力を発揮すれば輝くばかりの大きな力が発揮されることを大切な思い出として未来につなげてほしいと願います。

| 日記 | 05:12 PM | comments (x) | trackback (x) |
文化祭
今年も多勢のお客様をお迎えして文化祭が開催されました。 生徒達が考えた、今年の2大行事のテーマは「絢爛」(けんらん)です。生徒一人ひとりが個性を発揮して美しく輝いてほしいという願いがこもっているとのことです。
 古代中国の書物『論語』の中に「素を以て絢と為す」という言葉があります。「素」は「素のままの自分」のこと、「絢」は「きれいに飾る」ことを言います。『論語』とは、「仁・義・礼・智・信」の5つの徳を積むことが人生を豊かにする、と説かれた書物です。
 要するに「5つの徳を積んで人間性を磨いた素の自分を飾る」ことで、きらびやかで輝くほどの美しさが得られる。」と説いているのです。
 文化祭での生徒達は仲間と力を合わせて、お客様に喜んでいただこうとアイデアを出し合い、授業の合間を縫って準備し、あふれるほどの笑顔でそれぞれの「おもてなし」をしてくれました。そんな生徒達の姿は、まさに「絢爛」のテーマ通り美しく輝いていました。


| 日記 | 05:10 PM | comments (x) | trackback (x) |
2学期始業式
 まず始めにお礼を言います。夏休みに行われた全国大会に高校、中学共に多くの部が出場したことです。そして仲間のため、学校のため、岡山のために頑張ってくださったことを心よりお礼を言います。
 中でも高校バレー部は24年ぶりの優勝を果たし、岡山を元気にしてくれました。選手達は「日本一になる」という高い志を掲げ、できると信じて毎日コツコツ努力することで夢は実現することを私たちに教えてくれました。
 本校はバレー以外でも多くの全国大会の記録が残されています。115年の歴史の中でどれくらい優勝しているのか調べてみました。一番最初に全国大会で優勝した部はバスケット部です。今から66年前に全国大会と国体の2連覇をしています。そこから生徒達の心に火がついたのでしょう。多くの記録が残されています。
各部の全国大会の優勝回数は56回、準優勝が50回、3位は45回という記録が残っています。最も優勝回数が多いのは放送文化部の19回、次いで10回のソフトテニス部、7回の卓球、バレー部は今年で6回目の優勝となります。
 全国的にもこれほどの記録を持っている学校は少ないのではないでしょうか。
本校の「一度しかない人生、一つしかない命を精一杯輝かせる。」という情熱が、先輩から後輩へと、脈々と受け継がれているよき文化をこれからもみんなで大切にしてほしいと願います。


| 日記 | 12:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
バレー部全国大会優勝
7月28日、宮崎県で行われたインターハイ決勝で共栄学園(東京)に3ー2で競り勝ち見事24年ぶりの優勝を果たしました。
生徒たちが暑い日も凍えるような寒さの日も体育館で陰日向なくコツコツ頑張っていた姿が思い出されます。西畑監督は本校出身者で高校時代は国体、インターハイの二大会で全国優勝を果たした主力選手でした。就実伝統の「基本に忠実なバレー」を引き継ぎ、「日本一」になるためにはさらに別次元のこともしなければならないと、試合前には最悪の事態を想定しての守備練習やメンタル面を強化するために座禅を組みに行くなど優勝に向けての準備も見事でした。監督を信じ、自分を信じ、仲間を信じてチャレンジし続けた選手達の雄姿は私たちに大きな勇気を与えてくれました。
本当にたくさんの勇気と感動をありがとう!





| 日記 | 03:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
インターハイ・全国大会出場
インターハイ出場をめざして生徒達の熱い戦いが繰り広げられました。今年度県予選を制してインターハイ出場を決めたのは6つの運動部と3つの文化部です。
本校の生徒達の試合を応援しながらいつも思うことは「勇気は伝染する」と言うことです。苦しい場面でも誰かが笑顔で立ち向かうことでまた、多くのチャンスが生まれていきます。まさに人生と同じです。うまくいかなかったときや失敗したときにどう立ち向かうかが結果を大きく変えているように思います。もちろん、毎日の積み重ねが重要であることは確かですが、日々の努力を活かす「勇気」を持つことの重要性を強く感じた大会でした。

◇インターハイ出場
 ・バレーボール部  (7/24~7/28)宮崎県
 ・バスケットボール部 (7/28~8/2)鹿児島県
 ・ソフトテニス部 (7/29~8/1)宮崎県
 ・体操部 (7/29~8/2)鹿児島
 ・陸上競技部 (8/4 ~8/8)沖縄県
 ・卓球部 (8/14~8/20)鹿児島県

◇NHK杯全国大会出場
 ・放送部 アナウンス部門・朗読部門 (7/22~7/25)東京    
       テレビドキュメント部門
       ラジオドキュメント部門

◇全国ダンスドリル選手権大会出場 (8/10~8/11)大阪
 ・ダンス部 HIP HOP部門

◇全国総合文化祭出場
 ・バトン部 (7/27~7/29)佐賀県


| 日記 | 02:54 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑